グローカル・リーダシップ・留学・アメリカ・イギリス・アジア・英語・大学進学・大学院進学・海外インターンシップ・TAKTOPIA (タクトピア)

私たちについて

ABOUT私たちについて

VISIONビジョン

教育プログラムを通じて若者のより幅広い生き方の選択を支援することで、 グローカルリーダーシップにあふれた共創型社会を実現する

多くの10代の若者が、一度は世界で活躍することに興味をもちつつも
結局は諦めざるを得ないという現実があります。
私たちは教育プログラムを通じて
その障壁を取り払うとともに、学習の先にある
「こんな面白い世界があるんだ!」「自分も世界で活躍できるかもしれない!」
といった
生き方の選択肢を広げる原体験を提供します。
結果としてグローカル=グローバル+ローカルな視野をもち、
多様な人と協働しながらより良い社会を創りあげることのできる
次世代型リーダーシップの育成に寄与します。

TEAMチーム

長井 悠

長井 悠Yu Nagai

共同創業者 CEO / 日本

茨城県と千葉県で育つ。東京大学にて藝術学(音楽社会学)を専攻、修士課程修了。IBM社にて戦略コンサルタントとして活動後、2010年にハバタク株式会社を創業。2015年、当社の一部門であった学校向け教育事業をタクトピア株式会社としてスピンアウトし代表に就任。
タクトピアでは全事業を統括し、学校・企業等の教育プレイヤーとの関係構築 ・協業可能性の開拓等をおこなう。バラバラになってしまっている教育(学ぶ)と産業(働く)を近づけ、誰もが自分の意志で生き方を選択できる成長の生態系を構築したい。
特技はチェロと少林寺拳法(三段)。いまどき流行らないゼネラリスト志向をもつため「社内では一番特徴がない人間(本人談)」だが、それが幸いして個性と主張の強いメンバーをまとめるサンドバッグ役として機能している。酒の席では決まって娘たちの写真を見せびらかすが、周囲の生暖かい視線には気づいていない。

嶋津 幸樹

嶋津 幸樹Koki Shimazu

英語教育事業ディレクター

山梨県甲斐市生まれ。海外進学塾EUGENIC創業者。ロンドン大学の応用言語学修士課程を修了。高校生時代に体験したホームステイでの厳しい体験をバネに独学でIELTS 8.0を獲得し、オックスフォード大学・ロンドン大学(UCL)の修士課程にダブル合格した経歴をもつ。UCL在籍中にケンブリッジ英語教員資格CELTAを取得している。
タクトピアではEUGENIC時代に培った豊富な英語教育の知見と応用言語学の研究成果を活かし、英語力育成メソッド”Native MindTM”を活用した英語教育プログラムの開発全般を担当している。自分のプログラムを非英語圏の子どもたちに余すところなく提供し、英語で堂々と活躍できる世界を実現するのが夢。
特技はゴルフ。愛読書は英単語帳。周りを心配させるほどのストイックさで日夜仕事を遂行する。また、いかなる学生ともすぐに打ち解けると同時に、タメ口で話しかけられるという稀代のイジられ体質でもある。

渡邉 宣子

渡邉 宜子Noriko Watanabe

ラーニング・コンポーザー

東京生まれ埼玉育ち。高校にはスポーツ推薦で入学。中央大学にてリベラル・アーツを学んだのち、非鉄金属を扱う専門商社に入社し4大陸の国々と仕事をする。平行して埼玉県大宮の社会人向けの朝活コミュニティにて、2年にわたって企画運営を担当。各メディアにも取り上げられた実績をもつ。
タクトピアではプログラム企画運営のための人員・内容構成・予算に采配を振るうほか、商社での経験を活かし需要供給双方の動向を見据えた新規商品開発を進めている。将来的には日本の地方(ローカル)に根ざしたアイデンティティを育む教育体系を創り上げたいと思っている。
特技は剣道(三段)。類まれなる集中力と視野の広さにより、振りかかる数々の課題を千手観音のごとく切り捌き案件を推進する。また、少年マンガからN.Y.のファッションシーンまで幅広い文化に精通しており「その話題も拾うのかよ!」と社内外の人々をしばしば驚かせている。

フシェ・ステファン

フシェ・ステファンStephane E. Fouche

アドバイザー / アフリカ・日本

カナダのモントリオール生まれ、ハイチ育ち。ハーバード大学卒。Harvard College Japan Initiativeの名誉代表、Komatsu Summer Schoolの代表理事。12歳の頃、ハイチの政変でアメリカのニューヨークへ移住。九州大学の国費外国人留学制度を活用し、日本の在住経験もある。
現在は教育を中心とした成長企業のアドバイザリー業務を日本・アジア・米国 ・アフリカでおこなう。タクトピアでは国境を越えたコラボレーションを促進するための関係構築業務を担当している。将来的にはタクトピアを含めた国際教育企業ネットワークをつくることを目論んでいる。
特技は競技ダンスで得意種目はサルサ。カリブ海の男らしい陽気さで相手を仕事に誘い込む。また英語・フランス語・スペイン語・クリオール語・日本語の5ヶ国語に精通しており、アフリカの奥地から東京下町の居酒屋に至るまでその弁舌はあくまで軽妙である。

山本 実由

山本 実由Miyu Yamamoto

アート教育を極めるためオランダ留学中

北海道生まれ、日系韓国人3世。青山学院大学を卒業後、英国のシェフィールド大学とウォーリック大学の修士課程へ進学し教育リーダーシップおよびマネジメントを専攻。修了後、大阪にてNPOの活動に携わり教育・ブランディング・就労支援業務の経験を積む。
タクトピアでは、プログラムの企画運営全般に関わるほか、社のPR担当としてWEBやパンフレット等の媒体制作やSNS等を通しての情報発信をおこなう。将来的にはロンドンで得たアートの経験やネットワークを活かし、アート×教育プログラムを実現しようと密かに企む。
特技はヨガと絵画。持ち前の天真爛漫さで社内外の人々を知らず知らずのうちにプロジェクトに巻き込む。芸術家志望だっただけあって、独特のファッションの着こなしは周囲の話題をさらっている。

浅岡 諒

浅岡 諒Ryo Asaoka

ラーニングデザイナー

岩手県出身、東京育ち。明治大学で学びながらリーダー育成のための国際的学生組織”AIESEC”に所属し、学生の国際交流の推進に没頭する。大学卒業後にハバタク株式会社の1年間アジアインターンシップ”XIP”に参加し、ベトナムはハノイにて社会起業家のイノベーション創出の現場を支援。その後日本の大手ITベンダーへの勤務経験を経て、再びハバタクグループのタクトピアチームへ帰還を果たす。
タクトピアではベトナムオフィスに所属し、アジアを舞台とした研修事業およびアジア市場の開拓をおこなう。自分自身の原体験を通して若者に「だれもが自分の選択ひとつで人生を変えられるし、世界を広げていけるんだよ」とメッセージを発信することに使命感を抱いている。
特技はバスケットボールでポジションはPG(ポイントガード)。戦局を俯瞰しながら素早く判断をおこなう頭脳派で、仕事においても常に沈着冷静で涼やかなスマイルを絶やさない。前述のアジアインターンシップではベトナムの社会起業家にあまりに気に入られたため、「会社を継がないか」と持ちかけられたエピソードは有名である。

林部 なつき

林部 なつきNatsuki Hayashibe

PR & コミュニケーション

宮崎県出身。カリフォルニア大学でフォトグラフィーを専攻し、国内大手の光学機器メーカーに務める。在職中は広報リーダーとして海外市場を含めたPR活動を統括し、一眼レフを一般女性にも受け入れられやすいものにイメージ刷新した実績をもつ。
タクトピアでもPR & コミュニケーション業務をリードし、21世紀の新しい教育としてタクトピアが描くビジョンやプログラムの様子などを広く世の中に広めることをミッションとする。米国での子育て経験を踏まえて、日本の教育がより主体的・創造的なものになるようムーブメントを起こすことを虎視眈々と狙っている。
特技は写真。一見ネガティブになりがちな複雑な事柄も独自の視点で切り取ってポジティブに還元し、個性派集団のタクトピアメンバーが織りなす学びの現場に入り込み、社会へ発信すべき情景を活写する。九州出身だけに相当な酒豪と噂されるが、その本気は未だ誰も見たことがない。

髙木 草太

髙木 草太Sota Takagi

ラーニング・デザイナー

兵庫県生まれ、ベルギーとマレーシアで育つ。オーストラリアのクイーンズランド大学で工学・ビジネス・教育学を専攻。日本に帰国後、複数の高校で数学と英語の教員として勤めた後、タクトピアへ参画。
タクトピアではラーニングデザイナーとして海外研修やスタディキャンプの設計運営に携わっている。海外での生活・就学経験と教員としての勤務経験を活かし、参加者の視点に寄り添った学びの環境づくりに全力を傾ける。日本の教育に世界基準のリベラルアーツを通したリーダーシップ育成をインストールしていくのが夢。
特技はブレイクダンスとスニーカー収集。飽くなき知的好奇心と行動力でいかなる状況でもベストを追求する。笑いのツボが環太平洋のように広く、他のメンバーの何気ない言動にもひとり抱腹絶倒している様子がたびたび見受けられるが、それが職場のハピネス向上に貢献していることも間違いない。

北嶋 友香

北嶋 友香Yuka Kitajjima

ラーニング・デザイナー

大阪府生まれ。国内でいち早くIB教育を取り入れた私立校から米国のDePauw Universityに進学し、平和学を専攻。卒業後、関西の英会話スクールで講師を勤めたのちタクトピアへ入社。
タクトピアではラーニングデザイナーとして各プログラムの開発運営に携わるほか、海外大学生とのネットワーク構築や社内業務の体系化など多岐にわたって活躍する。自律的に人が学び続けられるような学びのシステムを構築していきたいと熱意を燃やしている。
特技は執筆、趣味は読書。一見おだやかな物腰ながら、新しいことには積極的に飛び込み自分なりの答えをもぎ取って帰ってくるバイタリティは人一倍。笑顔で繰り出される舌鋒鋭いコメントの数々は、痛みとともに喜びをもたらす効果があると噂されている。

渡邉 慎也

渡邉 慎也Shinya Watanabe

ラーニング・デザイナー

韓国生まれ、香港育ち。米国シカゴ大学で映画学・政治学を学んだのち、コロンビア大学院で教育政策学を修める。その後香港で海外進学塾のプログラム・マネージャーを勤め、タクトピアへ参画。
タクトピアではELT(英語教育事業部)のビジネス推進とラーニング・デザイナーを担当。世界へ羽ばたく鍵としての新しい英語教育を日本全国に拡大していく司令塔を勤める。日本の教育の強みを活かしながら、21世紀に相応しいオープンで自律的な学びのあり方を実現したいと日々邁進している。
特技は声帯模写。常に身の回りの物事をよく観察し仕事を進める頭脳派だが、飛び出す言葉は愛とユーモアに満ちている。タクトピア入社をきっかけに初めて日本で生活しているにもかかわらず、映画をはじめとする日本のサブカルチャー知識は果てしなく深い。

石見 知恵

石見 知恵Tomoe Ishimi

バックオフィス

愛知県出身。専門商社など複数社でバックオフィス業務を経験するかたわら、栄養士や心理カウンセラー等の免許も取得。監査法人勤務を経てタクトピアに参画。
タクトピアでは総務・バックオフィス業務全般を担当。経理や業務管理のみならず、ITシステムの導入の陣頭指揮も執るなど、守備範囲は多岐にわたる。
特技はバイオリン製作。現場へ飛び出していくメンバーたちを常に見守り、彼らが全力を出せる仕組みづくりに力を惜しまない。また、現場へも積極的に顔を出しレポートをしてくれる姿は「攻めの総務」と呼ぶにふさわしい。たびたびメンバーが企画する突発的な懇親会への参加率は社内トップで、名実ともに社交女王の座は盤石である。

石見 知恵

ローラ・リーJingyi (Laura) Li

映像エキスパート / ラーニングデザイナー

中国は湖南省出身。米国のオーバリン大学で映像を専攻。在学中に北米および中南米のドキュメンタリーを制作したほか、日本でのイングリッシュキャンプ運営にも関わる。米国拠点の世界的なバイラルメディアでのインターン実績ももつ。
タクトピアでは、日々生み出されている学びの現場の様子を記録・編集し発信する役割を担う。また映像をはじめとしたアートワークを用いる学びのプログラムの企画運営にも携わっている。アート制作とは単に綺麗なモノをつくることではなく、社会を変革するムーブメントに人を巻き込む手段なのだという強い信念を持つ。
特技は3歳からクラブチームで鍛えた水泳。映像制作においては不可避の膨大なデータの海を自在に掻き分け、社会へのメッセージを紡ぎ出す。人懐こい性格や、自分も含め人名に「ちゃん付け」する癖も相まって、知らぬ間にローラワールドへと引き込まれているとの証言も多数確認されている。

柴田 祐希

柴田 祐希Yuki Shibata

ラーニング・デザイナー

青森県出身。秋田県の国際教養大学(AIU)とオランダでビジネスマネジメントを学ぶ。ハバタクグループにて秋田オフィスに所属し、遊休資産を活用した子どものあそび場創出プロジェクトに携わったのち、タクトピアへ転籍。
タクトピアではラーニングデザイナーとして様々な研修プログラムの設計運営に携わっている。内省によって自分でも気づかなかった側面に気づき自己の可能性を広げてきた経験をもつことから、学習者にとって良き伴走者となり未来へと挑戦する自信を持ってもらう支援をしたいと願っている。
特技は行き先を決めないドライブ。包容力のあるコミュニケーションも含めて「巻き込まれ力=仲間に誘われる力」が強く、いつも様々なプロジェクトに声をかけられている。東北の人らしく大の日本酒好きで、銘酒が眼前にあるときばかりは普段の温厚な様子をかなぐり捨て、獲物を前にした虎のようであると各方面から報告が寄せられている。

石見 知恵

二ノ宮 将吾Shogo Ninomiya

ラーニング・デザイナー

東京都出身。秋田県の国際教養大学(AIU)と留学先の米国で社会学と心理学を学んだのち、IT系ベンチャー企業でエンジニアとしてグループウェアの開発に携わる。
タクトピアではラーニングデザイナーとしてプログラムの設計運営に従事。中高時代まで勉強が好きになれず、大学で「好きなことを突き詰める」楽しさを知ったことから、そうした体験をより幅広い中高生に届けていきたいと日々活動している。
特技はトライアスロンとアプリ開発。持ち前の好奇心が抑えられず手を出す分野の幅広さは社内随一で、一度ハマると深掘りが止まらない。ドローンをあえて景品で手に入れるためにホームランバーを毎日食べるなどの奇行(もとい探究活動)も目を引くが、見た目と物腰の柔らかさで印象を中和する手腕は見事である。

木村 彩乃

木村 彩乃Ayano Kimura

ラーニング・デザイナー

奈良県で育つ。国際基督教大学(ICU)卒業後に組織人事コンサルに従事したのち、より若い世代への原体験提供を目指しタクトピアに入社。
タクトピアではラーニングデザイナーとして活動するほか、成長フェーズのベンチャー企業で揉まれた経験を活かして社内の仕組み化にも力を発揮する。敢えて親元を離れ山奥の全寮制の高校に進学し多種多様な人と協働生活をした経験から、環境が人の可能性を大きく左右してしまうことに課題感を持ち、”意志ある個人”を育むことを志すようになる。
特技はアウトドア・スポーツ。よく動き、よく食べ、よく飲む。刻々と変化する事業環境を把握し、あくまで前向きに楽しみながら打ち手を切り拓く姿勢は頼もしいの一言。持ち前の度胸で入社早々からコンペを勝ち獲るなど、その姿は野山を自在に駆け巡るハンターを彷彿とさせる。ふだんの会話では独特の感性と早口により悪気なく周囲を煙に巻くことがあり、山中で狐に化かされたような様子がしばしば目撃される。

COMPANY PROFILE会社概要

タクトピアは国内外6拠点をもち、 各地の大学・起業家との強いネットワークでユニークなグローバル教育プログラムを提供します。

● 会社名 タクトピア株式会社 / TAKTOPIA & Co.
● 事業内容 世界へ羽ばたくアジアの学生を支援する教育プラットフォームの運営および教育プログラムの提供
● 住所 〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-2 千代田印刷会館7F
● 代表取締役 長井 悠
● 拠点 東京
● Corporate Website http://taktopia.com
● Blog Media http://media.taktopia.com
● グループ会社 ハバタク株式会社

twitterTWITTER

instagramINSTAGRAM

ページの先頭へ